様々な金属材料とそれを加工して作られた製品について紹介

様々な金属材料とそれを加工して作られた製品について紹介

合金は複数の金属の長所をあわせ持つ金属材料

働く男性

金属材料の中でも複数の金像を混合して生産されたものを合金と呼びます。日頃慣れ親しんでいる金属材料の中には合金も多く、合金なしでは我々の生活は成り立たないほど浸透しています。
合金のメリットは単一の金属材料とは異なる特徴や強みが得られることです。金属材料はそれぞれ強度や性質が異なります。大きなメリットがある一方でデメリットもあるため、使い方によっては性能や機能に支障をきたす可能性があります。
複数の金属材料で構成される合金作ることで、各金属の特徴を活かして欠点を補完することができます。強度が強いがサビやすい金属と、柔らかいがサビない素材で合金を作ると、十分な強度でサビの心配がない使いやすい金属材料が誕生します。それぞれの金属の特徴を完全に再現するのは難問ですが、実用に十分耐えるレベルで長所のみを取り入れられる合金により、さまざまな課題が解決されています。
合金の製造には高い技術が要求されます。最適な配合比率や混合のタイミング、混ぜる方法など同じ金属材料を使用しても製造方法によって完成した合金の品質には大きな違いが表れます。金属メーカーは膨大な時間と手間をかけて最適な合金の製造技術を研究し、新たな金属材料を世に送り出しています。

機械を製造するのに欠かせない金属材料

金属材料が必要とされることのひとつに機械製造があります。機械は金属の塊です。細かい部品の多くは金属材料から作られている機械ですが、設計段階ではどこにどのような金属材料を使用するかまできちんと考慮されています。機械部品は場所によってかかる負荷や消耗度が異なるため、全てを同じ金属材料で製造すると不具合が頻発します。場所や用途に合わせてふさわしい金属材料を選ぶ必要がありますが、それには高度な知識と豊かな経験が求められます。
機械それぞれ異なる特徴を持つ部品の集合です。部品ごとに求められる役割は違い、耐久性が必要な部品もあれば、受難性が重視される部品もあります。強度に関してもひっぱり強度やひっかき強度など、どの方向に力が加わるかによって耐久性が異なるため、部品に加わる力と金属材料の特性を正しく理解していなければ、不具合が発生しやすくなってしまいます。
加工のしやすさも重要なポイントです。どんなに優れた金属材料でも機械部品に加工できなければ使えません。金属材料の中には固すぎて成形が困難だったり、変形しやすかったりと部品製造に不向きなものがたくさんあります。金属材料の特性として、加工すると硬化してしまう加工硬化という性質がありますが、機械部品用の金属材料は加工硬化まで計算に入れて選ぶ必要があります。

金属材料のパソコンケースは手を切らないようにご注意!

パソコンの性能に直結する部分ではありませんが、デスクトップパソコンを自作に挑戦する方はパソコンのケースにもお金をかけるべきです。
流石に近年は少なくなりましたが、安価な金属材料のケースの端にバリ取りがされておらず、手を切って怪我をすることがあります。これは自作パソコンに限らず、メーカー製パソコンを改造する時にも注意が必要です。むしろ、安くパソコンを作るためにケースにはお金をかけていない事が多いです。
では、金属材料でなければ良いかというと、長く使ううちに樹脂が劣化してしまい壊れやすくなることもあります。
残念ながら安い品物は品質もそれなりです。価格帯の割には良いものというのは確かにあります。
金属材料でも樹脂でも高価なパソコンケースはデザインが良いだけでなく、組み立てや改造・修理がしやすい、騒音を少なくしたり、パソコン内部かよく冷えるなど「セールスポイント」を持つよう工夫がされています。なぜ冷えるのが良いのかというと、オンラインゲームや動画作成などパソコンに負荷がかかる作業をする時や、夏場にはパソコンが自分の熱で止まってしまうトラブルがあるためです。パソコンケースの特徴は外側だけでなく内部も見せて貰うと良いでしょう。
もちろん、良いパソコンケースは金属材料のケースでも手を切ってしまうようなこともないよう、丁寧に作られています。

UPDATE INFORMATION