様々な金属材料とそれを加工して作られた製品について紹介

様々な金属材料とそれを加工して作られた製品について紹介

金属材料のひとつ「鉄」について知ろう

部品を持つ

家電製品、飲料の缶、建設物なところで様々な金属材料が使われています。金属材料と聞いて思い浮かべるものにはどんなものがあるでしょうか。
例えばアルミ・ステンレスなど色々な金属材料が思い浮かびますが、その中のひとつに鉄があります。鉄の他に鋼や鋳鉄など似たようなものがありますが、この違いは何なのでしょうか。
鉄・鋼・鋳鉄の違いは炭素の量です。この3つはすべて鉄と炭素から出来ています。この炭素量の違いから、3つの金属は分類されているのです。
炭素量は、鋳鉄・鋼・鉄の順に多くなっています。炭素量が多いとどうなるかと言うと、材料の硬さが増します。つまりこの中では、鋳鉄が一番硬い金属となります。しかし硬ければ良いという訳ではなく、硬すぎると逆に一定以上の力が加わった時に折れやすい、という一面があります。そのため、その用途に応じて3つの鉄は使い分けられているのです。
鉄はそのままでは酸化しやすく加工しにくいため、製品としてそのまま利用されることは少ないです。一般的な家庭用のフライパンなどに使われているのは鉄より硬く鋳鉄よりじん性(粘り強さ)が強い鋼が使われることが多いです。
鉄・鋼・鋳鉄はJIS規格によって分類が定められています。JIS規格で鉄と呼ばれているものは、実は鋳鉄です。

UPDATE INFORMATION