様々な金属材料とそれを加工して作られた製品について紹介

様々な金属材料とそれを加工して作られた製品について紹介

人類が作った最も「遠いところ」にある金属材料製品は?

金属の加工をする

人類の歴史の中、金属材料で貨幣やアクセサリーなど様々なものが作られてきました。
そんな人類が金属材料で作ったもので、最も遠いところにあるものがなにか分かるでしょうか?
答えは、無人惑星探査機ボイジャーです。
地球外生命体へのメッセージとして、探査機に積み込まれているのは金メッキの銅板製レコードです。
世界の様々な国の言葉のあいさつや、地球の自然の音、音楽、その他複雑なメッセージが記録されています。
1977年に打ち上げられ、2020年6月現在で太陽から約224億kmも離れた遠い所を飛んでいます。
人類が加工した金属材料製品としては最も遠いところにあるものです。
それ以前には、1972年と1973年にはパイオニア探査機も飛ばされています。
こちらの金属材料素材は金色光沢陽極酸化処理アルミニウム合金が使われています。
有名な絵なのでご存じの方も多いかと思いますが、男女の絵や地球の位置が把握できる図が描かれています。
金属材料としてはボイジャーとは全く違う素材なのも興味深いところです。
想像することも困難なくらい遠いところを飛んでいる両探査機、果たしてこれが「誰か」に見つけてもらえる日はくるのでしょうか。
もしかしたら、もう見つけられていて「誰か」が一生懸命地球を探しているかもしれません。

UPDATE INFORMATION